» 未分類のブログ記事

アパート経営の魅力

| 未分類 |

アパート経営とは、アパートの所有者として、入居を希望する人に部屋を貸し、その対価として家賃収入を得る賃貸事業のことを言います。管理会社に任せることで、入居者とのやり取り等、手続の一切をすべて任せることができます。そのため、アパートの経営者の負担は大幅に軽減されるのです。

 

アパート経営をするうえで、なんと言っても魅力的なのが、家賃収入という第2の収入源を得られることでしょう。現役で仕事をしている場合は、給与とは別に収入源を得ることができます。

 

万が一病気などで働けなくなったとしても安定した家賃収入を得ることができるのです。リタイア後は安定した収入を確保して暮らしていきたいと考える方にも、アパート経営は非常に魅力的でしょう。将来に向けて金銭的にゆとりを作りたい場合にも、もってこいの資産形成となるでしょう。

 
また、資産運用のやり方としても有効に活用することができます。株や先物取引などはハイリスク・ハイリターンな上、景気の変動にも左右されやすいのが特徴です。しかし、アパート経営は急激な価格変動もなく、長期にわたって安定した収入を得ることができるのです。また、株取引のように、一日中パソコンに張り付いて動向を見ているなどの必要もなく、忙しいサラリーマンの方でも取り組みやすいと言えるでしょう。

 
また、アパート経営は株やFXと違い、事業として扱われるため、銀行で融資を受けることができます。手元にまとまった現金がなくても、ローンを活用することで少額の資金でアパート経営を始めることができます。

 
長くアパート経営をしていくうちに、建物自体は老朽化するため、だんだんと価値が低くなっていきます。しかし、たとえ建物の価値がなくなっても土地の価値が無くなることはありません。それこそがアパート経営の最大の魅力ではないでしょうか。

 
アパート経営を検討する場合は以上の点を踏まえながら、考えてみるとよいのではないででしょうか。

自分の本職からの収入だけでなく他にも収入源があれば、今よりも生活は楽になり、娯楽に使うお金も増えるかもしれません。もし副業として、またはリタイア後にアパート経営を検討している場合は、メリットばかりに目を向けるのではなく、デメリットを知りどう対処するのかを考えることで、リスクを回避することができ、失敗することも少なくなるかもしれません。

現在賃貸物件はどんどん建設されていますが、人口は減少傾向にあます。もしこのままのペースで賃貸物件の建設が行われていくと、空室率は上がる一方とされています。他にも、建物の建築費用やメンテナンス費用、空室リスクなどがリスクやデメリットとして挙げられるでしょう。

 

莫大な費用をかけて建物を建てたのはよいが、思ったほど入居者が入らず苦戦する、といった話はよくあります。これは、建物を一括で借り上げて家賃を保障する契約、いわゆるサブリース契約も同様です。サブリース契約は一見、一括で借り上げてくれるので、家賃が保障されるのでよいのではないかと思われるかもしれませんが、保障されるのは最初の数年のみで永久的な話ではないのです。

 

したがって、保障期間が終了すると、その後は入居率に応じた収入しか入らないのです。銀行から融資を受けて建物を建築し、家賃収入でローン返済をまかなおうと考えている場合は、空室率は死活問題となるのです。ずっと満室状態が続けば問題ありませんが、周辺の環境の変化などで、10年先20年先を見通すことは不可能なことです。

 
また、賃貸アパートを建てるにあたっては、業者のセールストークを鵜呑みにすることは危険です。業者は良い事ばかりを重点的にセールストークし、デメリットやリスクについて詳しくは教えてくれないでしょう。業者に言われるがまま契約するのではなく、土地活用を専門にしているコンサルタントに相談してみるなど、ある程度は自分で調べたり、行動したりするのがよいでしょう。

起業すると決めてから、資金調達もばっちりだし経営理念だってきちんと考えた。経営者としての心得も十分勉強したし、あとは開業するのみ!と意気込んでいるあなた。小規模企業共済についての検討も終わりましたか?もしまだ考えていなかったり、この制度自体を知らないならば、一度考えてみる価値はあるかもしれません。

小規模企業共済とは「経営者にも退職金を」をスローガンに国が運営している制度です。経営者に退職金は無縁と思われがちですが、この制度を使えば個人企業主である経営者も退職金をもらうことができるのです。
小規模企業共済のメリットはいくつかあります。掛金が全額所得控除になること、掛金の範囲内で契約者貸付制度があること、解約時に退職所得となるため事業所得に比べて税負担が軽くなる事などがあげられます。

 

また、毎月の掛金は1,000円から70,000円までの間で500円ごとに設定することができるので、無理のない範囲で積み立てることができます。

この制度の最大のデメリットは、元本割れのリスクがあることです。国が運営する制度なので、一見安心なように思えますが、20年未満で解約すると元本割れすると明記されています。
また、小規模企業共済に加入するのは創業したらすぐのタイミングが良いとされています。その理由は、事業規模が大きくなると小規模企業と見なされなくなるため、時期を逃すと加入できなくなるからです。

 

しかし、会社の規模が小さく要件を満たしているうちに加入していれば、その後事業規模が大きくなっても継続して加入し続けることができるのです。いつでも加入できるわけではなく、一定の条件があるので早い段階での検討が必要になってきます。

個人事業主は会社員に比べて退職時の保障が十分ではない場合がほとんどでしょう。創業して間もない事業主にとって、小規模企業共済のメリットはとても魅力的なものではないでしょうか。ぜひ検討してみるとよいでしょう。

カフェ経営してみる?

| 未分類 |

街を歩いているといたるところにおしゃれなカフェが立ち並んでいます。昨今のカフェブームもあり、自分のカフェを開くことを夢見ている人も多いのではないでしょうか。でも夢や憧れだけで開店したところでうまくいくのでしょうか。

カフェ経営に限ったことではありませんが、オーナーになるわけですから当然、カフェの開業資金の準備や店を出す場所や仕入先の選定、税金のことや簿記などの経営に関す知識も必要になってきます。他にも勉強することややるべきことは山ほどあります。

カフェを開くことを夢見ている人の中には、イメージばかりが先行して実際のカフェ経営がどういったものなのか、今一つ理解していないことも多いように思います。もし行きつけのカフェあるなら、そのお店のオーナーに話を聞いてみるとよいかもしれません。経験者の話を聞くことでイメージはより具体的になり、大いに参考になることでしょう。

また、カフェ経営に関する出版物を読んでみることも大事なことです。出版物には、自分が進みたい道について先人が記してくれていています。知識を増やすことは、実際に問題に直面したときに解決していく力になります。しかも、時間も場所も選ばずにわずかなお金で知識を得る事ができるため、大変有益なものとなるでしょう。カフェ経営者が出版した本やエッセイは世の中にたくさん出回っています。

実践的に学ぶ意欲がある場合は、カフェ専門のスクールに通うという方法もあります。現役カフェ経営者から、経営に関するノウハウや最新トレンドなどを学ぶことができます。中には校内にカフェを併設しているスクールもあるので、現場で即戦力を養うことも可能です。

カフェの経営者になるということは、従業員にお給料を支払うなど経営者としての責任が伴います。憧れや、ただカフェが好きという理由だけで経営が成り立つほど世の中甘くありません。自分のカフェを持つという夢に本気で向き合う覚悟がなければ、成功することはないでしょう。