アパート経営の魅力

| 未分類 |

アパート経営とは、アパートの所有者として、入居を希望する人に部屋を貸し、その対価として家賃収入を得る賃貸事業のことを言います。管理会社に任せることで、入居者とのやり取り等、手続の一切をすべて任せることができます。そのため、アパートの経営者の負担は大幅に軽減されるのです。

 

アパート経営をするうえで、なんと言っても魅力的なのが、家賃収入という第2の収入源を得られることでしょう。現役で仕事をしている場合は、給与とは別に収入源を得ることができます。

 

万が一病気などで働けなくなったとしても安定した家賃収入を得ることができるのです。リタイア後は安定した収入を確保して暮らしていきたいと考える方にも、アパート経営は非常に魅力的でしょう。将来に向けて金銭的にゆとりを作りたい場合にも、もってこいの資産形成となるでしょう。

 
また、資産運用のやり方としても有効に活用することができます。株や先物取引などはハイリスク・ハイリターンな上、景気の変動にも左右されやすいのが特徴です。しかし、アパート経営は急激な価格変動もなく、長期にわたって安定した収入を得ることができるのです。また、株取引のように、一日中パソコンに張り付いて動向を見ているなどの必要もなく、忙しいサラリーマンの方でも取り組みやすいと言えるでしょう。

 
また、アパート経営は株やFXと違い、事業として扱われるため、銀行で融資を受けることができます。手元にまとまった現金がなくても、ローンを活用することで少額の資金でアパート経営を始めることができます。

 
長くアパート経営をしていくうちに、建物自体は老朽化するため、だんだんと価値が低くなっていきます。しかし、たとえ建物の価値がなくなっても土地の価値が無くなることはありません。それこそがアパート経営の最大の魅力ではないでしょうか。

 
アパート経営を検討する場合は以上の点を踏まえながら、考えてみるとよいのではないででしょうか。